名刺デザイン料金の違いで仕上がりはどう違うか

名刺には墨文字で会社名、氏名、住所、電話番号といった基本情報しか記載されていないものから、カラーで両面印刷されたもの、イラストや顔写真が載っているものなど様々な種類があります。また、用紙の素材もいろいろです。名刺はそれ1枚でビジネスチャンスを拡げる可能性がある、会社にとっての身だしなみに等しいツールですからしっかりとしたコンセプトを元に、渡した相手の印象に残る素敵な名刺を作ることが大切です。そのためにはある程度のお金をかけてデザインを考える必要があるのではないでしょうか。名刺を作る時の名刺デザイン料金にはかなりの幅があります。もちろんプロに依頼してお金をかけたほうが良いものが作れます。では、自分でデザインするときとプロに依頼するときではどのような違いがあるのでしょうか。

名刺デザインテンプレートを利用した時の限界

パソコンが普及しプリンター性能が向上して、今は誰でも自分で名刺を作ることができます。しかも今は無料の名刺テンプレートがたくさんあります。何百種類ものテンプレートの中から気に入ったデザインを選ぶだけですから、デザイン料無しである程度のクオリティーの名刺を作ることもできます。印刷会社に依頼する場合でもたくさんのテンプレートが用意されています。それらを利用すれば名刺を作るコストを抑えることができます。しかし、それは他の人も利用しているデザインであり、決してオリジナルではありません。デザイン料金は初回の原稿作成時のみに必要となる費用です。オリジナリティー溢れる魅力的な名刺を作るには、やはり名刺デザイン料金をかけてプロにデザインしてもらったほうが良いでしょう。

プロに名刺をデザインしてもらう場合の費用の詳細とメリット

プロに名刺デザインを依頼した場合は、作業量などによって費用が異なります。例えば、イラストを加える、オリジナルの地図を作る、写真撮影をするなど作業ごとに費用がかかる場合があります。面談して打合せが必要な場合は打合せ費用が発生する場合もあります。しかし、名刺デザイン料金をかけてもプロに名刺デザインを依頼するメリットは少なくありません。プロのデザイナーは名刺の見せ方を知っています。文字のフォント、配置、レイアウト、裏面の活用、最適な用紙の選択など、依頼者が考えてもいなかった細かい部分までに気を使ってデザインしてくれ、時には提案してくれます。プライベートで利用する名刺ならある程度のクオリティーで十分です。しかし、名刺で人脈を作りビジネスチャンスを拡げようとするなら、プロに依頼してクオリティーの高い名刺を作ったほうが良いのではないでしょうか。